地球平面協会

「地球は平坦である」。イギリス人特有の諧謔だと思っていたが、意外と本気?

行動半径の少ない時代の人類にとっては、当然の発想である。たまたま、地球のサイズが小さくて、球形であることが分かったと思う。 たとえば、地球が太陽くらいの大きさがあり、重力が強く地表から離れることができなかったら、発見は遅れるであろうし、永遠に気付かないこともありうる。

一点の周りが平面に見えるような曲面を、数学では2次元多様体という。球面だとか、円環体(ドーナッツ、浮輪)のようなものが該当する。地球(球面)は2次元多様体のひとつである。天体観測から地球の形状が球形であるとしたのは、人類の英知である。伊能忠敬は当時ギネス級の正確さで地球の半径を計測している。曲がり方が計測できなければ、全体の形は理解できない。

さて、この宇宙はどんな形になっているのであろうか。数学の言葉で言えば、3次元多様体である。宇宙があまりにも大きく、観測できる範囲があまりにも狭いことから、困難を極めるだろう。しかし、数学者はポワンカレ予想を解く過程で、7つ(だったかな?)の基本モデルを示し、われわれの宇宙はこれら空間の組み合わせであることを証明した。そうである。

数学には、そのような力があるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013.3.19.  記