10をつくる

     こどものころに、電車の切符に印刷してある数字で 10 をつくる 遊びがあった。

たとえば 1234 ならば 1+2+3+4=10、 2345 ならば

(2×5)÷(4-3)=10 など、使ってよいのは 四則算法と括弧。

実は、1 から 9 までの 異なる4個の数字 ( =126 通りある )

すべてで 10 をつくることができる。このことを最初に教えてくれた人物は、

むちゃくちゃ忙しいはずの中堅証券マンで、たしか60時間くらいかかった、とくに、

最後の1個には10時間くらいかかった、という話だった。

この話をすると、必ずといっていいほど、「その最後の1個って、なに?」

という質問が返ってくる。ごく自然な反応である。

この話題に関して、指摘したい点がいくつかある。

① 小学生くらいだと、まず 「いつでもできるの?」という疑問が出る。

      異なる4個の数字 という条件を付けるかどうか、発展して 同じ数字がある

        とき の可能性を考えるのは、大人の世界。

② 全部の組み合わせを リストアップ する。意外と面倒。

③ 実際にやってみて、全部できればよいが 最後まで行き着かなかったとき

どうするか。できないことの証明は一般的に非常に難しい。「いつもできる」

という保証があるから、努力を続けることができる。

④ おもしろいのは、最後に残る組み合わせは必ずといっていいほど皆同じ

になる。答えを見ると、「う~~ん」とうなってしまう。問題が簡単なだけに、

その答えには、深く考えさせられるものがある。

⑤ 答えを尋ねないまでも、この組み合わせを聞きたがる気持ちはわかるが、

それでよいか。

科学というのは、「なぜだろう」という素朴な疑問から始まる。しかし、答えが出るか

どうかも分からないようなテーマを、徒労に終わるかもしれない恐怖をかかえながら、

最大級の努力を続ける。科学者にとって重要な姿勢であろう。答えがあることを知ら

ないで、最初に最後の1組を解いた人はすごい。

「その最後の1組み、絶対に教えないで」という子供がいたら、もしかしたら、将来大きな

仕事のできる子かもしれない。大切に育てたい。

むかし、ケネディ大統領が「60年代の終わりまでに人類を月に送る」と宣言し、

69年の終わりごろ達成した。答えがあることを確認できたのだろう。あとは努力のみ、

時間の問題だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013.6.23.  記