霞沢発電所

大正4年の焼岳の噴火により大正池ができたため
梓川電力(のち東京電力に編成)は発電所の建設を計画し、
大正14年の再びの噴火にもめげず  大正15年に着工 昭和3年に竣工しました
同時に釜トンネルも作られた模様です
大正池から沢渡まで、霞沢岳直下の地中に全長8kmもの水路を建設、
沢渡で落差453mの導水管(写真)により、発電を開始しました

末尾に後日談を加えました

1024-15

 

==========================

先日、沢渡の「P・しるふれい」のオーナーとお話ししていた際
沢渡の発電所が話題に上り、興味深い情報をいただきました

(I)
最近まで、年1日だけ水を止め、地下水路の清掃作業をしていたとのことです
オーナーも経験があるそうで、3区間に分けて
直径3メートルの地下水路をデッキブラシで磨いたそうです
小型の車が通れる幅があるそうです
ちなみに現在は、ロボットを使って清掃しているそうです

地図の霞沢発電所から右上方に伸びているのが導水管
上の”調整池”から上方に伸びているのが地下水路です
この先が大正池につながっています

(II)
これは、大正池の取水口付近の地形図です
右半分に南北に走っている破線が、地下水路です
釜トンネルの工事の困難さを考えると
昭和初期の地下水路を掘削した工事の難しさが想像できます

その時、話題になったのは
新しくできた「上高地トンネル」が地下水路と2か所で交差している点です
そのため、上高地トンネルは地下水路を避けるために
トンネル自体を上下にアップダウンさせているそうです
”立体交差”というわけです

(III)
話は弾んで、
大正池の取水口の管理人が沢渡の調整池の小屋まで
どんぶらこ、どんぶらこと、物資を流したとか
調整池からは霞沢岳が目の前だとか
水路の勾配は1000分の1だとか
・・・・・・・・・・

話は深夜におよび、その夜は、酩酊して、ぐっすり眠れました

「しるふれい」は冬季に上高地を訪れるとき
お世話になっている沢渡のペンションです

戻る