暫定加刷(ドイツ領)

ポーランドが独立(1918.11.11)した後
正刷切手発行(1919.1.27)までの期間に
各郵便局で暫定的に発行・使用されました

ポーランド郵趣 21号 318頁
を参照してください  また、次の文献を参照しました
POLAND  1918  LOCALS    by  J.Barefoot  Ltd
この本については、
ポーランド郵趣 109号 1732頁
ポーランド郵趣 54号 853頁
で紹介されています

ドイツ総督府の切手に加刷されました。
ほとんどの切手はフィラテリックなもので、偽物も数多くあります。
手持ちのものを とりあえず 示しています。真贋の保障はありません。

BRZEZINY 局
1918.11.18.~12.27
文字 11.5 ✖ 6.5 鷲 7 ✖ 9 

非公認

GRODZISK 局
1918.12.11.の使用済みが多い
サイズ 17.5. ✖ 17.5 

非公認

KALISZ 局
type
 I
1918.11.14.~12.末
サイズ 16 ✖ 25.5

公認.  
詳細
KALISZ 局
type ⅡA
1918.11.14.~12.末
サイズ 16 ✖ 24
文字の幅が上下異なる

非公認
KALISZ 局
type ⅡB
1918.11.14.~12.末
サイズ 16 ✖ 24
文字の幅が上下同じ

非公認
KALISZ 局
type Ⅲ
1918.11.14.~12.末
サイズ 17.5 ✖ 19

非公認

type Ⅳ は1・2行目を入れ替えたもの

KALISZ 局
type Ⅴ
1918.11.14.~12.末
サイズ 16 ✖ 23.5

公認
つづく  戻る